財団法人水産無脊椎動物研究所

無脊椎動物 研究所紹介 うみうしくらぶ 出版 研究助成 質問コーナー sitemap english

ホーム=無脊椎動物 > うみうしくらぶ > 第22回(2016年度) 磯の生物勉強会報告(大槌)

第22回(2016年度) 磯の生物勉強会報告(大槌)

今年の「磯の生物勉強会」は、7月14日から16日にかけて、岩手県大槌にある東京大学大気海洋研究所 国際沿岸海洋研究センターで行いました。

14時に釜石駅に集合し、そこからタクシーに分乗してセンターに向かいましたが、雨がひどく、予定していた磯採集場所の下見は断念せざるを得ませんでした。
代わりに、今回の訪問を快く受け入れてくださった広瀬雅人先生が、センターの概要や、先生の主な研究分野であるコケムシについてお話してくださいました。

建物は東日本大震災の折に津波で流され、現在も3階しか使うことができません。東京大学大気海洋研究所 国際沿岸海洋研究センターは、他の臨海実験場とは異なり、共同利用研究施設なので、限られたスペースを多くの研究者が共同で使用しているそうです。センターから見える蓬莱島も、生えている木のてっぺん近くまで津波に沈んだということですが、こちらは奇跡的に木が死なず、今も元気な姿を見せてくれています。

センターから見る蓬莱島

センターから見る蓬莱島

傷跡痛々しいセンター内部

広瀬先生はセンター唯一の分類学者で、付着生物全体を調べるため、付着板と呼ばれる塩ビの板を海中に沈めて、そこに付いた生物を観察していらっしゃいます。付着板を沈めて1ヶ月もすれば付着生物が付いてきますが、動く板と動かない板で付着物が異なったり、量が違ったりという変化があるそうです。
参加者の多くは、やはり震災による海生生物への影響に興味があったようで、震災にまつわる質問がいくつかありました。しかし広瀬先生のお話では、「水深90mほど潜ったところでは、古い経年のコケムシが見つかっていて、震災の影響をほとんど感じない。種によって、流されてなかなか戻らなかったり、そのまま残っていたり、震災前より繁殖しているものもあるが、その後の復興工事の方が、生物にとっては影響が大きいと感じている。」とのお答えでした。
例えば、先生は松島湾のカキの養殖も観察されていますが、震災直後は、震災前年の夏の水温の高さで弱っていたカキ・その上に大繁殖したコケムシが、泥をかぶってもろとも死んでしまったそうです。今はカキは元気になってきていて、その分コケムシの繁殖は減っていますが、泥の付着は相変わらず確認されており、復興工事の影響ではないかと考えているそうです。

コブコケムシの標本(広瀬先生作成)

日本国内はもとより、アジア圏で見てもコケムシの研究者は多くありません。なぜそのような研究に携わることになったのかを伺うと、話は先生が高校生の頃、学校の隣にある池で見つけた奇妙な物体が何なのかわからず、淡水の生き物であれば琵琶湖の研究所に聞けばよかろうと考えて問い合わせたところ、オオマリコケムシであると教えられたそうです。顕微鏡で見ると、その個体はとても美しく、淡水のコケムシの研究がしたくなり筑波大に進学されたとのことでした。
後進の育成については、コケムシのクリアファイルを作って小学生に配ったり、タイに出張してワークショップで学生たちに採取や調査の仕方を教えたり、コケムシ写真集を作ったり、といった活動をされていますが、「今はウェブの重要性をとても感じる。高校生や中学生がウェブ経由で質問してきたり、標本を送ってきたりするので、同定して返答したりしている。」とのお話もありました。

みんなで観察!質問!

常ににこやかに話してくださる先生のコケムシ愛に魅了されてか、時間が経つのも忘れてしまった(つまりは長居してしまった…)私たちでした。


2日目は、9時30分にセンター前に集合し、大槌町の見学に向かいました。
震災当時津波に飲まれ、波が引いたあと家の上に船が乗っている姿でマスメディアに紹介された建物(民宿だったそうです!)を実際に見学しました。今は再開発が進む赤浜にあって、倉庫として臨時に使用されているそうです。

次に、大槌町役場へ向かいました。無残に破壊された建物前には、鎮魂の社が建てられてあり、みなでめいめいに線香を手向けたりもしました。

それから山道を上って、震災時には避難場所として使われた城山公園へ行き、高台から赤浜の全景を眺めました。穏やかな震災前の写真の後方では、轟々とした重機の音と共に再開発が進められています。

最後に、津波で流されてしまった山田線のあった場所へ案内してもらいましたが、そこでは鬱蒼と草花が茂っていて、ものすごい力でねじ切られたと思しき橋げたの名残を見なければ、そこに線路があったとは思えないような光景でした。

ここに線路があったのです

それぞれに感慨深いものを覚えながら、福幸(ふっこう)きらり商店街へ向かい、午前中のプログラムを終えました。

午後は、朝方にパラついていた雨は上がり、晴れ間も見えてきたこともあって、全員張り切って準備を整えます。

そして広瀬先生にご案内いただき海に向かいましたが…。
そこで待っていたのは、過酷なガレ場でした。古い防潮堤は折れて中の金属が剥き出しになり、採水機も傾いていました。それでももちろん私たちは海に入り、隙間を覗いたり石をひっくり返したりと磯採集に励みましたが、なかなか生物がいる気配がありません。少し足を伸ばして蓬莱島周辺も見て回りましたが、海藻がほとんどなく、フジツボとイソギンチャクを見かけたくらいでした。時間的に満潮が近かったこともありますが、ドレッジやプランクトンネットを使用しての採取が向いている場所だったのかもしれません。

生物は何処に…?!

海から上がったあとは気を取り直して、広瀬先生にROVで得た映像を見せていただきました。ROVとは、Remotely Operated Vehicleの略で、水中テレビカメラロボットのことを指します。

ここで導入されているROVは、150mまで潜れるもの(本体は200m潜れますが、アームが150mまでしか耐えられない)で、半年ほどかけて、採取用のスクレイパーや、採取したものを入れるカゴを取り付けたそうです。映像の中には実際にアームを動かしているものもありましたが、なかなか目的のものを掴むのは難しいようで、ようやく掴んだナマコがカゴの中にゆっくりと落ちていく様には、ちょっとした感動を覚えました。
また、このROVを使用しての研究の中には、30年ほど発見報告のなかったサガミユビヤワコケムシ(日本の相模湾で発見された種)を見付けたりといった実績もあるそうです。

夜は、釜石市内のお店に場所を移して、懇親会を行いました。明日の一般公開へ向けた準備もお忙しい中、広瀬先生もご参加くださり、終始和やかな会になりました。
震災の跡地を見て回ったコメントとして「まだまだ時間がかかりそうだ」という声も多い中、先生始め地元に縁のある参加者からは逆に「訪ねる度に少しずつ良くなってきている、力強さを感じる、感じてほしい」という声もあり、考えさせられる一幕もありました。
採集結果に関する若干のぼやき?それは、空耳ということにいたしましょう…。


3日目は再び9時にセンター前に集合し、センターの一般公開を見学して回りました。
センターの一般公開は、震災前は1000人近い訪問があったこともあるそうですが、震災後は建物の損壊もありすぐにとはいかず、昨年ようやく再開に至ったとのことでした。海藻押し葉を作るコーナーや、標本展示コーナー、タッチプールやROVの実演コーナーなどがあり、とても興味深い催しでしたので、これからまた多くの人が訪れる場所になるのではないかと思いました。
ROVの実演では、大きなリモコンを使って潮の流れと格闘しながら(潮の力ってすごいんです!)ROVを沈め、水底の景色を堪能しました。モニターにちらりと見える影に「あれは?!」「これは?!」と一喜一憂する私たちでしたが、釣り具の一部だったり瓶のかけらだったりと、なんとも切ない状況でした。

しかし、一見子供向けかと思っていたタッチプールでは、今朝までアメフラシが生きていたという話に釘付けになったり、大槌周辺で採集したというツメタガイ、ホタテガイ、モミジガイ、オカメブンブクなどに触れることができました。
また、タッチプール担当の研究者の方から、今まで一つの種類と思われていた生物の中で種が分かれるという論文記載中の新種の話も出て、メンバーは大興奮!周囲の子供たちよりよほど食い入るようにその話を伺ったのでした。

その他、建物屋上から蓬莱島を眺めたり、広瀬先生ご自身が一枚ずつラミネート加工してくださった「おおつち海のいきもの図鑑」をいただいたり、各々センターを堪能して散会となりました。

お忙しい中お時間を割いてくださった広瀬雅人先生、遠方にも関わらずご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

ページのTOPへ

観察した無脊椎動物はこちらへ


過去の勉強会

  • 2015年7月 伊豆大島にて二泊の勉強会
  • 2014年7月 高知県大月町の「黒潮生物研究所」にて二泊の勉強会(シウラ浜での潮間帯生物調査)
  • 2013年7月 島根県隠岐の島の「島根大学生物資源科学部附属 生物資源教育研究センター 海洋生物科学部門(隠岐臨海実験所)」にて二泊の勉強会(隠岐の生物)
  • 2012年7月 三重県鳥羽市菅島の「名古屋大学大学院理学研究科附属臨海実験所」にて二泊の勉強会(菅島の生物)
  • 2011年7月 岡山県牛窓の「岡山大学理学部附属牛窓臨海実験所」にて一泊の勉強会(瀬戸内海の生物相)
  • 2010年7月 新潟県佐渡島の「新潟大学理学部附属臨海実験所」にて二泊の勉強会(シュノーケル・プランクトンネット採集と観察・ヌタウナギのお話)
  • 2009年7月 宮崎県日南海岸の野島と一ツ葉入江にて二泊の勉強会(磯の生物と干潟の生物の観察)
  • 2008年7月 高知県宇佐の「高知大学総合研究センター海洋生物研究教育施設」にて二泊の勉強会(メイオベントスの生物)
  • 2007年7月 石川県能登の「金沢大学環日本海域環境研究センター臨海実験施設」にて二泊の勉強会(泥底の生物)
  • 2006年7月 熊本県天草の「九州大学大学院理学府付属臨海実験所」にて二泊の勉強会(転石潮間帯の生物と環境・潮下帯の生物)
  • 2005年6月 広島県向島の「広島大学大学院理学研究科附属臨海実験所」にて二泊の勉強会(カタユウレイボヤの発生実験とナメクジウオの解剖)
  • 2004年5月 神奈川県油壺の「東京大学三崎臨海実験所」にて一泊の勉強会
  • 2003年6月 沖縄県瀬底の「琉球大学熱帯生物圏研究センター瀬底実験所」にて二泊の勉強会(サンゴの観察と亜熱帯圏の生物)
  • 2002年7月 神奈川県真鶴の「横浜国立大学教育人間科学部附属理科教育実習施設」にて日帰りの勉強会(ゴカイの観察)
  • 2002年6月 神奈川県野島で日帰りの観察会(干潟調査・多毛類の観察)
  • 2001年7月 北海道厚岸の「北海道大学北方生物圏フィールド科学センター水圏ステーション厚岸臨海実験所」にて二泊の勉強会(北方生物の観察)
  • 2000年8月 熊本県天草の「熊本大学合津マリンステーション」(旧:理学部附属合津臨海実験所)にて二泊の勉強会(ハクセンシオマネキとオヨギピンノとナメクジウオの観察)
  • 1999年5月 和歌山県白浜の「京都大学大学院理学研究科附属瀬戸臨海実験所」にて一泊の勉強会(刺胞動物門の系統分類と観察)
  • 1998年7月 青森県浅虫の「東北大学附属臨海実験所」にて一泊の勉強会 (潮間帯生物の帯状分布の観察とシロナマコの生態)
  • 1997年7月 静岡県下田の「筑波大学下田臨海実験センター」にて一泊の勉強会(微小甲殻類の観察)
  • 1996年7月 千葉県天津小湊の「千葉大学理学部付属海洋生態系研究センター小湊実験場」にて日帰りの勉強会(カサ貝類の観察)
  • 1995年7月 石川県能登半島の九十九湾にある「のと海洋ふれあいセンター」にて一泊の勉強会(付近の生物相について)

ページのTOPへ

copyright(C)1998-2014 公益財団法人水産無脊椎動物研究所 All rights reserved.
メール:maininfoアットマークrimi.or.jp