イカ、タコ、エビ、カニ、サンゴ、イソギンチャクやウミウシなどの水産無脊椎動物の研究を推進し、研究者を応援する財団

公益財団法人 水産無脊椎動物研究所

研究所についてうみうしくらぶとは
  • トップ
  • イベント
  • 研究助成
  • 出版物
  • 水産無脊椎動物図鑑
  • 質問コーナー
トップイベント第13回(2019年度)「親子で楽しむ海の生き物わくわくウォッチング」報告

第13回(2019年度)「親子で楽しむ海の生き物わくわくウォッチング」報告

 

 2019年5月4日に第13回「親子で楽しむ海の生き物わくわくウォッチング」を観音崎自然博物館にて開催しました。今年は10連休のやや後半での開催となり、天気にも恵まれて無事に開催することができました。

例年同様、博物館のスタッフやボランティアさんのご協力のもと、実施していただきました。参加者は64名(大人37名、中学生以下27名)でした。

 

 

 まずは山田和彦学芸部長から協力してくださるスタッフの紹介があり、海での注意事項を聞いた後に、皆で磯に歩いて向かいました。浜からみる水がとてもきれいでした。博物館の方によると、普段はこの時期は濁ってしまうため、これほどきれいな水になることはないと言われるぐらい透明度が高く、絶好の磯観察日和でした。浜で集合した後、班にまとまって海に入ります。子供たちは早速生き物を探して歩き回っていました。イソギンチャクや海綿をつっついて水を出したり、大きなアメフラシに触ったりしていました。触ったあとはきちんと海に戻してあげました。

 

さあ、海へ

なんだろう?

 

 皆さんそれぞれに探したい生き物を探したりしていました。ウミウシを探したり、見た目がウミウシのように軟体部の外套膜で体が覆われているオトメガサやアメフラシの殻を触ってみたりと、皆さん手で触って生き物の感覚を感じていただけたかと思います。

ヒトデ、ナマコ、クラゲ、タコ、イソギンチャクなど様々な動物を観察することができました。また最初に危険生物として紹介されていた、ハオコゼやアカクラゲなども見ることができました。

 

アメフラシ大きいなぁ~

親子で観察

 

正午頃まで観察をし、博物館に戻ってきた後は中庭でランチタイムです。日差しが強く、すでに夏のような日差しでした。

 

午後は、午前中に海でみた生き物のうち、いくつか持って帰ってきたものを観察しました。

ウミウシ類は、イソウミウシ、クロシタナシウミウシ、サガミミノウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、マダラウミウシなどを見つけることができました。

また顕微鏡で、アメフラシの卵を見たり、ウミクワガタを観察したりしました。ウミクワガタは海にいる甲殻類の仲間ですが、陸の昆虫であるクワガタとよく似た形の角を持っています。

 

しっかり説明を聞いています。

 

その後、「ゆかり」という海藻の標本の作成を行いました。毎年このイベントで標本作りを行っているものですが、今年は冷凍にしないで、採ったままの海藻を使っているので、例年のものとは違うように見えるそうです。うまく作れたかな~。
 

海藻をきれいに広げていきます。

 

 最後にまとめをして解散しました。暑い中、参加者の皆さまにはお集まりいただき、ありがとうございました。また実施していただいた観音崎自然博物館の皆さまにお礼申し上げます。

 

PAGE TOP
copyright © 1998-2017 公益財団法人水産無脊椎動物研究所 All Rights Reserved.