財団法人水産無脊椎動物研究所

無脊椎動物 研究所紹介 うみうしくらぶ 出版 研究助成 質問コーナー sitemap english

ホーム=無脊椎動物 > 出版 > うみうし通信

うみうし通信目次

No.22 (1999年3月)

  • エゾアワビの生物学的研究と種苗生産技術体系
  • クラゲ類の切手(2)
  • 研究報告 プラナリアにおける無性生殖から有性生殖への転換機構
  • 鵜の崎のウミウシ
  • お知らせ 1999年度研究助成の課題が決まりました

No.21 (1998年12月)

  • 研究報告 八郎潟の付着動物;淡水産内肛動物と淡水産外肛動物の生息分布・拡大について
  • 研究室訪問 お茶の水女子大学理学部生物学科 減数分裂時の中心体の挙動を研究する
  • 研究報告 マナマコ卵巣のGSS処理による大量種苗生産
  • クラゲ類の切手(1)

No.20 (1998年9月)

  • クラゲ類の飼育繁殖
  • 卵母細胞に共生藻を含む造礁サンゴにおける共生藻の卵母細胞への移行過程
  • イソアワモチに見られる多重光受容システム
  • 「第4回磯の生物勉強会」に参加して
  • 告知 1999年度個別研究助成・育成研究助成募集要項

No.19 (1998年6月)

  • ヤドカリの分類学 現状と課題(2)
  • 多彩な顔ぶれが歴史を語る −日本のイソコツブムシ属−
  • 平衡石から探るイカの暮らし
  • 間隙生紐虫−砂のすき間に住むヒモムシ

No.18 (1998年3月)

  • 研究報告 造礁サンゴの白化機構 == 共生藻の分解と排出
  • 研究報告 ヤドカリの分類学 現状と課題(1)
  • レポート タイラギの種苗生産の技術開発について
  • 研究報告 南極・昭和基地付近の海藻群落に生息する貝類

No.17 (1997年12月)

  • 研究報告 海にやさしい赤潮防除に向けて == ウイルスの力を借りた環境制御技術の開発
  • 研究報告 嚢舌目ウミウシ類の種分化について
  • 研究報告 イボニシおよびレイシガイの鰓下腺毒
  • 随想 浅虫から南極まで(4) 一研究者のたどった道
  • 研究報告 ウメボシイソギンチャクのアクロラジに含まれる毒

ページのTOPへ

No.16 (1997年9月)

  • 研究報告 カギムシ(有爪動物)の自然史
  • 研究報告 発光ホヤの秘密を探る
  • 随想 浅虫から南極まで(3) 一研究者のたどった道
  • 研究所訪問 東京大学海洋研究所海洋生物生態部門 深海底に棲む生物を追う
  • 第3回磯の生物勉強会に参加して

No.15 (1997年6月)

  • 研究報告 バイカル湖の淡水海綿
  • 研究報告 造礁サンゴの一斉産卵と種のアイデンティティー
  • 随想 浅虫から南極まで(2) 一研究者のたどった道
  • 研究報告 富士の麓でエビ・カニを増やす 静岡県における最近の栽培漁業研究
  • レポート 後鰓類の切手4

No.14 (1997年3月)

  • 随想 浅虫から南極まで(1) 一研究者のたどった道
  • 研究紹介 日本のテッポウエビとその分類事情
  • レポート 後鰓類の切手3
  • 研究報告 イタボヤ類における自己・非自己の認識
  • 世界最深部、マリアナ海溝チャレンジャー海淵深度11,000mの生物

No.13 (1996年12月)

  • 研究報告 ニッポンヒトデの発生と幼生の無性生殖
  • レポート 転石海岸の生物群集研究から
  • 研究報告 ホソワレカラ(甲殻綱:端脚目)の自然史
  • レポート 後鰓類の切手2

No.12 (1996年9月)

  • 研究報告 海洋生物の生理活性物質研究から生まれたもの
  • レポート はじめての磯の生物勉強会
  • 随想 南米エクアドルの自然と動物
  • レポート ”ワムシの話”
  • トピックス 「貝紫染め」の体験学習

No.11 (1996年6月)

  • 研究報告 冷たい海にすむ等脚目甲殻類
  • 研究室紹介 京都産業大学理学部 アメフラシで人間の記憶・学習の仕組みを研究
  • 研究報告 フクロウニの発生とウニの系統
  • レポート 後鰓類の切手1

ページのTOPへ

トップページ | 研究所紹介 | うみうしくらぶ | 出版 | 研究助成 | 質問コーナー | サイトマップ
copyright(C)1998-2014 公益財団法人水産無脊椎動物研究所 All rights reserved.
メール:maininfoアットマークrimi.or.jp