イカ、タコ、エビ、カニ、サンゴ、イソギンチャクやウミウシなどの水産無脊椎動物の研究を推進し、研究者を応援する財団

公益財団法人 水産無脊椎動物研究所

財団についてうみうしくらぶとは
  • トップ
  • イベント
  • 研究助成
  • 出版物
  • 水産無脊椎動物図鑑
  • ご支援のお願い
トップ財団について

財団について

公益財団法人水産無脊椎動物研究所について

 当財団は、水棲の無脊椎動物に関する調査研究の発展及び継続を目的に1988年、個人の寄付金を基に設立されました。現在も皆様からの寄付や会費を基に事業を行っています。

 四方を海に囲まれ、多くの河川を有する日本において、水棲生物に関する調査・研究の発展と永続性を保持することは、ひいては海の豊かさ、地球の豊かさを守っていくことに貢献できると私たちは考えています。

 当財団は、このような考えのもと、研究助成金交付による研究支援事業を中心に以下の3つの事業を行っています。

研究助成事業

水棲の無脊椎動物の研究を担う次世代の研究者への支援や、研究者を目指す学生の育成を目的とする研究助成を行っています。

(大学・研究機関等に所属していない個人も対象としています)

・研究助成について

水棲の無脊椎動物(水生昆虫を除く)に関する形態・発生・生理・分類・系統・生態・行動・資源・増養殖・ 応用などのフィールドでの生物学的研究に対して毎年2種類の助成を公募。

  • 個別研究助成 ・・・・・・ 1年間
  • 育成研究助成 ・・・・・・ 2年間継続

2020年までに240課題(総額238,092,000円)へ助成を実施しました。

研究助成について

「広める」普及啓発事業

「うみうし通信」の発行、「うみうしくらぶ」会員への機関誌やイベント情報等の送付、ウェブサイトによる情報発信、観察会などの一般向けイベントを行って、社会貢献を目指しています。

 

・『うみうし通信』の発行

水棲の無脊椎動物に関する研究紹介からエッセイなど、さまざまな情報を掲載しています(A4判、12ページ、年4回発行)。 これまでのうみうし通信の目次はこちらをご覧下さい。当財団の賛助会員の方には、特典として本誌をお送りしています。

うみうし通信について

 
・『うみうしくらぶ』の運営

当財団の機関誌「うみうし通信」の発行と配布を円滑にするための、会員制度「うみうしくらぶ」を設けています。ご入会いただいた方には、年4回の「うみうし通信」や、当財団のイベント等の情報をお送りいたします。

うみうしくらぶとは 

「集める」事業

水棲の無脊椎動物に関する研究情報や分布情報の収集、資料の収集などを行っています。

財団の概要

名称公益財団法人水産無脊椎動物研究所
所在地東京都中央区湊一丁目3番14-801号
設立昭和63年2月18日
定款

定款[PDF 499kb] 

2020年3月18日改訂

代表理事池田 友之  2018年5月18日就任
評議員・役員

役員名簿[PDF 14.6kb] 

2020年6月更新


<アクセス>
JR八丁堀駅から徒歩6分
東京メトロ 新富町駅から徒歩10分

お問い合わせ

当財団に関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願い致します。

≫ お問い合わせ

情報公開

過去の資料についてはこちらをご覧ください。

≫ 過去資料一覧

 

PAGE TOP
copyright © 1998-2017 公益財団法人水産無脊椎動物研究所 All Rights Reserved.